授賞式

   

カナダBC州、バンクーバーアイランドもしっかりと夏に向けて季節が変わりつつあります。サマータイムも始まり日本との時差も実は1時間マイナスになっておるのです。そしてiPhoneが徐々に壊れてきていて、スピーカーは動かないし、充電はどこか平らなとこにちゃんと置かないとされなかったりという日々が続いております。
はい!そんなこんなで鷹野です!

今日も読んでくれてありがとうございます!!

バックヤードにてブログ更新させて頂いております



今日は午前中にドライブしてグランドで2時間位ボール蹴って試合に向けてカラダをほぐしました!

さて、いよいよ本題です。

今回はVISL リーグとVISL カップの授賞式に参加してきた事について振り返り書かせて頂きたいと思います!


すんごーーく広いホテルにて行われたこの授賞式はご飯もすごく美味しく楽しいものになりました。

ちなみに僕らは2チーム授賞式に招待されていまして、一つはU-21のチームともう一つは僕が所属していた方のDiv3チームです。

U21の選手3人、Div3の選手2人そしてコーチと大会プレジデントとの一枚。
このトロフィーと盾は、全て受賞した賞になります。

賞の方をまとめると

U-21リーグチャンピオン

リーグMVP(個人)

U-21カップチャンピオン

カップMVPトロフィー(個人)

Div3リーグチャンピオン

Div3カップチャンピオン

リーグMVPトロフィー(僕が受賞した個人賞です。)

あともう一つは全てのディビジョン、カテゴリーの中から1番良い成績を残したチームに与えられる

チームオブザイヤー

という賞を受賞しました。

なので7つのトロフィーと盾と景品を含めかなりの物をそれぞれチームで貰う事ができました!

こんなにたくさんの賞やトロフィーは小さい時以来獲得してなかったので、久しぶり貰えてすごく嬉しかったです笑

また別日にチームのミーティングに参加したらそこでもチームのMVPのトロフィーを貰うことができました!

ジュニアレディースチームの女の子との写真。

ちなみに毎週僕がコーチさせてもらっているカテゴリーの子達です。

僕らのチームはジュニア、ジュニアユース、ユース、U21 、トップチーム

というカテゴリー分けになっています。

そして

この右側の子は今夏からセレクションで受かったチーム(リーグのカテゴリーの1番高いチーム)に移籍します。

教え子からこういった子が出てきてくれていて僕も嬉しいです。

青いジャージの子はU21チームのチームMVPです。

右手は右手じゃつかめない。

いきなりですが

こんな言葉があります。
そして

いや、当たり前やん!掴めるわけないやん!と思うこのフレーズ。

意味は、自分の事は自分じゃ分からない。

つまり、自分の評価を決めるのは、いつも自分以外の誰かである。

という事で、こうやって、国も、文化も違う国でしっかりサッカー選手、人間として認めてもらっているからこそ得れている賞だと思います!

なのであとはこれを機に更に気を引き締めて来年も貰えるように努力していきたいと思います!

同じところで足踏みせず常に階段一段一段登っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします!

Cheers 

Shun Takano 

 - ブログ , , , , ,